題目:死罪に当たるという神の定め
本文:ローマ1:32
日付:2020年8月16日

1:32彼らは、こうした事を行う者どもが死に価するという神の定めをよく知りながら、自らそれを行うばかりではなく、それを行う者どもを是認さえしている。

彼らは、そのようなことを行えば、死罪に当たるという神の定めを知っていながら、それを行っているだけでなく、それを行う者に心から同意しているのです。

長くローマ書1章を説教してきましたが、今日終わりました。来週から2章に入ります。ローマ1章の結論は「死罪」です。

罪の結末は死です。これは神の定めであり、避けることはできません。罪人たちは、確実に滅びに向かっています。そのことは自分自身がよく知っているはずです。

しかし、人間は罪を犯すことをやめられません。罪に妥協してはいけません。罪を行う者に心から同意してはいけません。それが死罪を避けるための道です。主が示してくださった正しい道を歩みましょう。アーメン。