題目:救いがこの家に来ました
本文:ルカ19:1〜10

19:1さて、イエスはエリコにはいって、その町をお通りになった。 

19:2ところが、そこにザアカイという名の人がいた。この人は取税人のかしらで、金持であった。 

19:3彼は、イエスがどんな人か見たいと思っていたが、背が低かったので、群衆にさえぎられて見ることができなかった。 

19:4それでイエスを見るために、前の方に走って行って、いちじく桑の木に登った。そこを通られるところだったからである。 

19:5イエスは、その場所にこられたとき、上を見あげて言われた、「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから」。 

19:6そこでザアカイは急いでおりてきて、よろこんでイエスを迎え入れた。 

19:7人々はみな、これを見てつぶやき、「彼は罪人の家にはいって客となった」と言った。 

19:8ザアカイは立って主に言った、「主よ、わたしは誓って自分の財産の半分を貧民に施します。また、もしだれかから不正な取立てをしていましたら、それを四倍にして返します」。 

19:9イエスは彼に言われた、「きょう、救がこの家にきた。この人もアブラハムの子なのだから。 

19:10人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである」。


今日はザアカイの救いについて説教しました。ザアカイは取税人のかしらで金持ちでした。取税人は当時、ユダヤ人たちから嫌われ、罪人として扱われていました。

ザアカイにはイエスを知りたがる心がありました。イエスを知りたいという情熱のゆえに、ザアカイはイエスを見るためにいちじく桑の木に登りました。それから、ザアカイはイエス様に呼ばれ、木から降りてイエス様を自分の家に迎えました。

救いはイエス・キリストを知ろうとする心から始まります。イエス・キリストの御言葉に従い、主を心に受け入れることが必要です。

そして、ザアカイの悔い改めに注目してください。ザアカイはイエス様を受け入れ、今までの行いを悔い改め、福音の教えに従って新しい人生を生きる決断をしました。それがザアカイが救いに至った理由です。

取税人のかしらであったザアカイが救いに至りました。神様の愛は万人に注がれています。皆さんも、ザアカイのようにイエス・キリストを慕う心で教会に来てください。アーメン。