題目:恥ずべき情欲に引き渡されました
本文:ローマ1:26〜27
日付:2020年7月19日

1:26それゆえ、神は彼らを恥ずべき情欲に任せられた。すなわち、彼らの中の女は、その自然の関係を不自然なものに代え、

1:27男もまた同じように女との自然の関係を捨てて、互にその情欲の炎を燃やし、男は男に対して恥ずべきことをなし、そしてその乱行の当然の報いを、身に受けたのである。

こういうわけで、神は彼らを恥ずべき情欲に引き渡されました。すなわち、女は自然の用を不自然なものに代え、同じように、男も、女の自然な用を捨てて男どうしで情欲に燃え、男が男と恥ずべきことを行うようになり、こうしてその誤りに対する当然の報いを自分の身に受けているのです。

同性愛は性的な堕落の極限です。当時のローマには数多くの同性愛者がいました。パウロはその罪を糾弾しています。

人間の罪は限りなく増え広がり続けています。同性愛は決して許されるものではありません。それを行う者は、その誤りに対する当然の報いを受けます。

聖書は私たちに正しい価値観を教えてくれます。「はい」は「はい」、「いいえ」は「いいえ」と言うことがクリスチャンの責任です。アーメン。