題目:内なる人は日々新たにされています
本文:第二コリント4:16〜18
日付:2018年7月8日

4:16だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。 

4:17なぜなら、このしばらくの軽い患難は働いて、永遠の重い栄光を、あふれるばかりにわたしたちに得させるからである。 

4:18わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。

「たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています」と使徒パウロは言いました。イエス・キリストに従って生きる人生は、決して楽ではありません。その道は十字架の道であり、数多くの患難が伴います。

そのため、その道を歩む過程において、私たちは時に疲れ果て、座り込んでしまうこともあるでしょう。しかし、体は疲れているとしても、私たちの霊は日々新たにされています。

今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらします。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続きます。

見えるものに捕らわれれず、後に来る永遠の栄光を待ち望み、未来に向かって歩み続ける人になりましょう。アーメン。