題目:七たびくり返しなさい
本文:1列王記18:41〜45
日付:2019年8月11日

18:41エリヤはアハブに言った、「大雨の音がするから、上って行って、食い飲みしなさい」。

18:42アハブは食い飲みするために上っていった。しかしエリヤはカルメルの頂に登り、地に伏して顔をひざの間に入れていたが、

18:43彼はしもべに言った、「上っていって海の方を見なさい」。彼は上っていって、見て、「何もありません」と言ったので、エリヤは「もう一度行きなさい」と言って七度に及んだ。

18:44七度目にしもべは言った、「海から人の手ほどの小さな雲が起っています」。エリヤは言った、「上っていって、『雨にとどめられないように車を整えて下れ』とアハブに言いなさい」。

18:45すると間もなく、雲と風が起り、空が黒くなって大雨が降ってきた。アハブは車に乗ってエズレルへ行った。

お盆の連休中の礼拝です。とても暑い日が続いていますので、体調をしっかり管理し、熱中症に気をつけて毎日をお過ごしください。

今日は預言者エリヤの祈りを見ました。エリヤは大雨を求めて祈る時、「七たびくり返しなさい」と若い者に言いました。

初めは何もありませんでしたが、七度目に人の手のひらほどの小さな雲が海から上っていることがわかりました。しばらくすると、空は濃い雲と風で暗くなり、やがて激しい大雨となりました。

エリヤは神様を絶対的に信じました。だから、神様はエリヤの祈りに応えてくださりました。神様は信じる者の祈りに耳を傾け、それを叶えてくださるお方です。アーメン。