2018年ペンテコステ記念礼拝
題目:みなが聖霊に満たされ
本文:使徒の働き2:1〜4

2:1五旬節の日がきて、みんなの者が一緒に集まっていると、

2:2突然、激しい風が吹いてきたような音が天から起ってきて、一同がすわっていた家いっぱいに響きわたった。

2:3また、舌のようなものが、炎のように分れて現れ、ひとりびとりの上にとどまった。

2:4すると、一同は聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、いろいろの他国の言葉で語り出した。

今日は待ちに待ったペンテコステの日です。本日の東京はとても天気が良く、真っ青な空に清々しい空気で、朝から聖霊の臨在を感じることができました。このような日にペンテコステ礼拝を捧げられたことを神様に感謝いたします。

ペンテコステは聖霊降臨祭です。イエス様が約束してくださった聖霊が弟子たちに臨んだ日です。これまで私たちは、イエス・キリストのご誕生、ご生涯、十字架、復活、昇天を学んできましたが、本日がそのクライマックスです。弟子たちが聖霊を受けることで、新しい時代が開かれるようになりました。

使徒たちに与えられた使命は、地の果てまでイエス・キリストの証人となり、救いの福音を宣べ伝えることです。今の時代を生きる私たちも、使徒たちに習い、全世界に福音を宣べ伝えなければなりません。

来月は6月です。一年も半分が過ぎようとしていますが、一人でも多くの命を救うことができるように全力を尽くします。東京あいのひかり教会が聖霊に満たされた人でいっぱいになるように、祈り続けます。