題目:ともに励ましを受けたいのです
本文:ローマ1:11〜12

1:11わたしは、あなたがたに会うことを熱望している。あなたがたに霊の賜物を幾分でも分け与えて、力づけたいからである。

1:12それは、あなたがたの中にいて、あなたがたとわたしとのお互の信仰によって、共に励まし合うためにほかならない。

使徒パウロは、ローマの信徒たちに会いたいと切に望んでいました。自分に与えられた御霊の賜物をいくらかでも分けて、彼らを強くしたいと思ったからです。

しかし、それよりも、彼らと自分との互いの信仰によって、ともに励ましを受けることをパウロは望みました。

信仰の道は一人で行く道ではありません。イエス・キリストは、いつもどんな時も父なる神様とともに信仰の道を歩みました。

私たちには聖霊がともにしてくださっています。朝も昼も夜も、いつもどんな時も、一緒です。聖霊の力と励ましと慰めを受けて、一生懸命この道を歩みましょう。アーメン。